PrincipalStar!!

運命だから

新制限について今更

デッキ単位です。

【ネクロス】

《ブリューナクの影霊衣》規制によって《影霊衣の術士 シュリット》でのサーチ先、またはその逆に支障が出るようですね。まあ最初の1回は問題なくできるので長期戦になるとどう出るか。

《影霊衣の反魂術》の規制は大きそうです。

《儀式魔人リリーサー》もなかなか狙いにくそうに。解除された《センジュ・ゴッド》《マンジュ・ゴッド》を生かし安定させて《ヴァルキュルスの影霊衣》を擁立する構築になるんじゃないでしょうか。

《マスマティシャン》も規制ですしブンボーグとシュリット3枚儀式5~6かなーとか思ってます。
【シャドール】
大きく構築が変わりますね。
まず光属性が融合に使えなくなった点。
《ライトロード・アーチャー フェリス》はまあ《マスマティシャン》制限とともに消えるので変わらないと思いますが、《超電磁タートル》やアーティファクトは構築の段階から、プレイ面ではだぶついた《エフェクト・ヴェーラー》を素材にできなかったり。
あとは高打点モンスターの処理に手こずりそうです。
自分からアドのとれる融合体がいないので制圧を淡々と進めるにももう一歩足りない感じはあります。
メインでは《マスマティシャン》と《クリバンデット》の制限が大きくでました。
初動の確保のため前者規制のためどの型も後者入れないとだと思います。
《神の写し身との接触》も制限だし《神の写し身との接触》+《影依の原核》揃えるのも大変で、下級の個々のスペックに頼った感じになるんじゃないでしょうか。
【海皇】に強い《エルシャドール・ミドラーシュ》が解除されたことによって相性が良くなったように見えます。
必然的に《神の写し身との接触》の枠が《影依融合》になるとした《M・HERO ダーク・ロウ》の処理も楽なり以外と環境にあってるんじゃないかなーとか思ったり・・・
 
【クリフォート】
《クリフォート・ツール》の規制が大きい。
たどり着くための《魂の転身》オッドアイズ・ペンデュラム・ドラゴン》がまた採用されそうですね。一番嫌いだった《機殻の生贄》が制限になったのは嬉しいけど禁止にしてほしかったです。手堅い場を作れる確率が下がったもの動きとしては問題ないので一定数はいそうですが、《幽鬼うさぎ》が流行ってるなら素直に諦めた方がよさそうです。
 
【HERO】
なんも規制されてないですね。融合体<ランク5だと思うので来期もグッバイ《E・HERO ブレイズマン》でしょうか。《M・HERO ダーク・ロウ》が弱い環境ではなさそうですし、先攻でも堅い場を作れる環境上位の一角になりそうです。
 
【霊獣】
《儀式魔人リリーサー》がいなくなったり【クリフォート】減るならそうとう暴れます。
【HERO】と【海皇】に強いデッキが弱いわけありません。
他のデッキ以上に罠の採択は大きく変わりそうなので調整のし甲斐がありそうです。
 
インフェルノイド】
現状わかってるカードだけでもかなり強そうですね。
《モンスターゲート》の解除はさすがに売る気満々だなーって思っちゃいますよね。
《混沌の黒魔術師》をリクルート先に採用しそうですね。
 
【テラナイト】
規制はされてないですが今環境から変わらず、他のデッキも《星守の騎士 プトレマイオス》を出す以上メタカードを無駄にくらう印象を持っています。
 
【征竜】
この規制はなしじゃないかなーって思っちゃいました。
非常に残念です。
征竜たちには長くお世話になったのでお疲れさまとだけ言いたい。
 
思いついたのだけ書いた。